千葉市緑区のドッグスクール  DogSchool I’ll の紹介をします。


by gundogschool

カテゴリ:DogSchool I’ll( 1 )

d0222484_21391285.jpg


千葉市緑区で2007年12月に開設しました DogSchool I’ll  の ご説明をさせていただきます。



訓練に関しましては、それぞれのドッグスクールや訓練所において、訓練の優先順位というものがあると思います。



当校におきましては 誘惑があっても飼い主さんの横で停座(オスワリ)をしていられること、 そして 呼び戻しがきちんとできること をまず優先的に練習をします。

この2つの訓練を通し、愛犬に 飼い主の側は快適な場所であること を認識して欲しい ・・・ 
すべての訓練は、そこがスタートラインだと考えております。



d0222484_17513678.jpg


誘惑があっても、飼い主さんの側で待っていられること。
言い換えれば 我慢ができること は、 単純ですが非常に大切なことです。



吠える、噛む、じっとしていられない、リードを引っ張って歩く、飛びつく・・・
飼い主さんが愛犬と共に暮らすにあたり、不都合を起こしやすい、これらの症状は
簡単に申しますと ”我慢のできない犬”  ということなのだと思います。



我慢のできない犬を、威圧や矯正器具を用いるのではなく、 飼い主さんが根気
よく練習を続けることこそが、より良い 愛犬との関係の構築にとって大切 だと
私は認識しております。


ですので、私は預託訓練は受けておりません。
飼い主さんに練習方法を覚えて頂き、日々 練習を続けて頂くことが一番大切 だと思っております。



DogSchoo I’ll の I は、愛犬家の皆さんご自身のこと  です。
「私も愛犬と一緒に練習すれば、きっとできる!!」 
日々の愛犬との練習の積み重ねが、愛犬との信頼関係を構築するうえで、大きな
役割をはたしてくれると思います。



ご参考までに、ゴールデンレトリバー(5ヶ月 メス)の練習動画を添付します。
レッスン3回目の際の動画です。
飼い主さんに、愛犬には声をかけたり、呼んだりせずに 前後左右に歩いてもらっています。
地面の匂いを嗅いだり、アジリティー用具を見に行ったりしつつも、常に自らの意思で飼い主さんの歩いている場所へ駆け戻っています。
「呼ばれたから!」 ではなく、飼い主さんの傍に居ることが楽しく、飼い主さんと共に歩くことが楽しい・・・
そのような、自ら考え、自ら飼い主さんに意識を向けることのできるワンちゃんに育んでいきたいと思っています。




                         


                    千葉市緑区おゆみ野  以下略
                    訓練士・ドッグライフカウンセラー
                    ドッグアドバイザー
                     山 本  聖 文                           
                    千葉(訓練) 40021号                         
                    登録年月日     平成19年12月12日
                    登録更新年月日   平成24年12月13日
                    有効期間の末日   平成29年12月11日
                         
                     電話番号  043(291)9130
                    携帯電話  080(6517)5519

                    メールアドレス: kandy_doglife@ybb.ne.jp
            

子犬の窓口のロゴ
[PR]
by gundogschool | 2011-02-25 20:18 | DogSchool I’ll