千葉市緑区のドッグスクール  DogSchool I’ll の紹介をします。


by gundogschool

その他のクラス

1. グラウンドワーク・クラス(野原組)

囲いの無い野原を、飼い主さんと共に歩く練習をします。

鳥の匂い、小動物の匂いなど、 様々な誘惑がある広いフィールドでも、愛犬が 自らの意思で飼い主さんを確認し、縦横無尽に走りつつも、きちんと飼い主さんの足元まで戻れるように練習を行います。

ポインター、セッター その他のガンドッグの必要運動量を散歩だけで、まかなうことは困難です。
ポインターやセッターは、鳥の匂いなどを追いながら走ることにより、体力的にも嗅覚的にも欲求を満足させることが出来ます。
他の犬種と異なり、ポインター、セッター、その他ガンドッググループの犬たちは、飼い主さんがボールなどで遊んであげなくても、鳥などの臭気を追いながら走ることが出来ます。

d0222484_2139462.jpg


ある意味、「手がかからない犬種」 とも言えますが、必要最低限のこととして 呼んだら(笛などを用いて)飼い主の足元まで戻れること、更にその上のレベルとして 自らの意思で飼い主の場所を確認し、足元まで戻れること が求められます。

いくら愛犬の運動欲求を満たす為とは言え、呼んでも戻ってこない犬では、広い野原を走らせることは出来ません。


DogSchool I'll では、愛犬のレベルに応じ、フィールド(練習場所)をステップアップしていきます。

先ずは呼んだら飼い主の足元まで戻る練習、そして自らの意思で飼い主が呼ばなくても足元まで戻ってくるレベルまで。。。

共に歩む(歩く) ことを嬉しいと感じる愛犬と、共に歩み(暮らす)ましょう!!


d0222484_213858.jpg




2.初級レトリーブクラス (ボールクラス)

飼い主が投げたボールを、きちんと手元まで咥えて持ってくる愛犬・・・
ボール1個あれば、愛犬と様々な遊びが出来ます。
また、ボールを使って、様々な応用練習をすることも可能です。

でも、 
・飼い主がボールを投げても取りに行かない。
・ボールを追いかけるけれど咥えない。
・咥えるけれど、飼い主さんの手元まで持ってこないで咥えたまま走り回る。
・咥えたボールを木陰で齧り始める・・・

これでは、せっかくのボール遊びも面白くありません。

初級レトリーブクラスでは、ボール遊びが苦手な愛犬や、きちんと飼い主の手元まで戻ってこない愛犬を、ボール遊びが大好きな子に変身させます!

さらに、JFA(日本フリスビードッグ協会)が開催している トライアルボールドッグゲーム や、ドッグイベントクラブの ボールのレトリーブ競争 など初級のレトリーブ関連競技  に出場できるレベルまで育成していきます。

d0222484_17561881.jpg

[PR]
by gundogschool | 2011-02-25 20:01 | その他のクラス